ご近所のお葬式のマナー

ご近所の人が亡くなった場合のお葬式において、香典の金額は気になるものですが、ご近所の人と親しい場合やそうではない場合で大きく異なってきます。ほとんど会わないご近所の人であればお葬式での香典は3,000円程度で、たまに会う人のお葬式であれば、香典金額は5,000円程度が適切とされています。一方親しいご近所の人の場合であれば、香典の金額は5,000円から10,000円という相場が提示されています。このように、ご近所の人のお葬式の場合は、どれくらい親しかったかによってふさわしい香典の金額が異なっています。

ただしこれらは平均金額の目安なので、必ずしもこの金額になるというものではありません。地域によっても香典金額は多少異なるので注意が必要です。事情のため通夜や葬儀の両方に参列することができないという場合は、他の人に預けたり後日自宅に届けてお線香を上げさせてもらったりすることができます。

マナーもしっかりと知っておくことが肝心で、通夜や葬儀は、後ろの方に座り家族や親族のお焼香が終わってからお焼香をするのが順当な流れです。一般葬、火葬では葬儀の仕方が異なってくるので、確認をしておくようにしましょう。また、手伝わなくても良いものを手伝うというと精神的な負担やストレスにもなりますので、お葬式ごとにマナーを知っておくのが効果的と言えるでしょう。

このように、お香典の相場についても知っておくと、どれくらいの香典の金額が適切なのかが分かるため便利です。そして、近所の葬式の手伝いの仕方によっては、間柄を壊すことも考えられます。手伝ってほしいと言われたものであれば、積極的に引き受けても構いませんが、手伝ってほしくないものを無理に手伝う必要はありません。間柄を壊さない断りのテクニックもあるので、知っておくようにしましょう。手伝いたい気持ちはあるけれど、その日は大事な用事があるという場合の断り方としては、申し訳ありませんと謝って、諸事情で伺うことができませんと添えるのが正しい断り方です。逆に手伝えるときは、汚れても大丈夫なようにエプロンなどを持って行くようにしましょう。