ご近所のお葬式でのお手伝い

ご近所のお葬式でも弔電を打つ必要があると考えている人も多いのではないでしょうか。ご近所のお葬式での弔電ですが、ご近所の場合は弔電を打つのはあまり一般的ではありません。近い場所に住んでいる場合も多いのであまり一般的ではないです。どうしても用事などがあり参列できない場合は後日に挨拶をするのが正しい流れです。供花ですが、供花は特に親しい場合に弔意を表すものです。特に親しい場合は供花を送ると喜ばれます。あまり親しくない近所の住人であれば無理に供花を送る必要はないでしょう。

また、ご近所のお葬式が自宅葬の場合は、いろいろなお手伝いを引き受けることができます。お茶出しや台所係以外にもできるお手伝いは多岐にわたります。まず会計係というものがあり、これは、頂いた香典を管理したり計算したりするお仕事で、お金を扱うということで基本は2人以上がこの会計係を担当するのが大きな特徴です。香典のお金は故人に対するお供えで、後にお礼の金額を決める基準にもなる大事な慣習です。ちゃんと管理をすることが求められるでしょう。

他にも受付係があります。こちらは、弔問に来た人に記帳をお願いしたり、香典を預かったり案内をしたり、コートを預かったりする係で、受付係の仕事内容は多岐にわたります。親族はこの記帳を元に誰が来たのかやどこにお礼を送るのかを確認を行います。記入漏れや案内漏れがないようにしましょう。

接待や台所係は、弔問に来た人やお寺さんにお茶を出したりお食事の準備をする基本の係です。ご近所のお葬式では、これらがお葬式での基本のお手伝いになると言っても過言ではありません。お客さんを接待する重要なお仕事で、おもてなしの心を持って丁寧に対応することが肝心です。

さらに駐車場係というものがあり、こちらは車に乗って来た人に駐車場を案内したり誘導したりする係です。暑い中や寒い中での仕事になるので、体力的にもなかなか大変です。他の係の仕事よりも長時間外で行う仕事となっています。ただ、駐車場の案内をしないとクレームがくることもあるので、必須となる係でもあります。