ご近所のお葬式での服装

ご近所のお葬式で気をつけたい服装ですが、まずは知りたい準備編です。お葬式は、家族が亡くなった場合や親戚が亡くなった場合の他に、友人やその家族、知人やその家族、ご近所の人が亡くなった場合にも行われ、その形は様々です。一般葬の他には家族葬などが行われることもあり、自宅葬を考える人も多くなっています。ご近所の人の訃報を聞いた時、自宅葬であればお茶出しをしたり台所係をするのが効果的です。これが一般的な自宅葬での手伝いの基本と言われているので覚えておきたいところです。自分から申し出るのが適切だと言えるでしょう。葬儀場で葬儀が行われる場合は係の人が担当する場合も多いので、無理に手伝う必要はありません。

服装は、ご近所のお葬式で自宅葬であれば、男性ならブラックフォーマルスーツを着用します。これが基本の服装と言われています。女性は、黒いワンピースで襟元が開いていないデザインのものが好ましいです。手伝いをする時などはエプロン等を用意する場合も多いので、飾りのない地味なデザインにするのがふさわしいと言えるでしょう。地域によっては色合いが決まっているものもあるので、地域によって異なる場合は確認をすることが大切です。

ネクタイは、お葬式では黒が基本です。グレーは好ましくないので、避けるようにしましょう。女性がアクセサリーを着用する場合は、パールかブラックパールのネックレスを着けるようにします。バッグは黒の布製が正式です。小ぶりなデザインのもので、コンパクトなデザインのものが良いでしょう。靴の色も黒にします。ヒールは、3cmから5cmくらいのもので、あまり高すぎないものが好ましいとされています。

ご近所のお葬式でもそうですが、通夜と葬儀の服装の境目がなくなっていて、どちらも喪服を着る人が増えてきています。正式な服装とNGの服装があるので、知っておくことが肝心です。基本的に葬儀での服装は黒を基調とするのが大きな特徴です。服装は何を着たら良いのかよく分からないという人は多いのではないでしょうか。当サイトをぜひ参考にしてみてください。